サービスの利用法|食事を楽しくする|プロが作った美味しい糖尿病食を宅配してもらおう

サービスの利用法

夫妻

腎臓病になったら他の病気と同じく食事の栄養バランスには気をつける必要があります。腎臓病は低タンパク質の食事が基本になっているので、タンパク質を含んだ肉類は極力避けるようにしましょう。宅配や通販の業者では、一食におけるタンパク質の量を10グラム以下に抑えて提供しているところが多いです。理想のバランスとしてはビタミンやミネラル類を多く含む食事となっています。そのため、リンやカリウムを多く含む食材を選んで調理しているのです。こういったバランスに気をつけて調理している業者に宅配を頼むためには、弁当に含まれる食材の成分表を公開しているところを選ぶのがベストだといえます。一つ一つのお弁当に主菜と副菜がどれだけ含まれているのかも分かりやすいと選びやすいです。

腎臓病食を選ぶ際にはどんなコースがあるのかも確認しましょう。食事の回数は一日三回にして規則的に摂るのが望ましいですが、その食事を全て腎臓病食にすることも可能です。また、透析治療中の人が選べるコースもあるので自分の病状に合わせて選択するべきです。定期的にコースを設けて隔週で宅配の食事を利用することも可能です。そうすると透析の期間に合わせて適した食事をすることもできます。そして塩分やタンパク質を控えているとはいえ、やはり食事は味にはこだわりたいものです。和・洋・中など、豊富なメニューの中から選ぶことのできるサービスがあればぜひ活用しましょう。こういった腎臓病食専門のサービスに頼むのもいいですが、やはり自分でも作れるように食材のことは勉強しているともっといいでしょう。