過体重を抑える|食事を楽しくする|プロが作った美味しい糖尿病食を宅配してもらおう

過体重を抑える

男の人

痛風治療のための食事にはプリン体を抑えた食材を使うのが基本となっています。そのため、自分で作る時も療養食を頼むときも、プリン体を抑えた食事内容になっているかどうかを確認しつつ食べるといいでしょう。このプリン体がなぜ痛風に良くないのかというと、プリン体は痛風特有の症状である、風が吹いても痛いというような痛みを引き起こす原因だからです。プリン体は小腸を通り抜けたあと肝臓に到着し、そこで尿酸と変化します。尿酸は通常であれば尿の中に溶けて体外に排出されます。しかし、多すぎると肝臓が機能停止を起こし、尿酸が溶けきることなく体内で結晶になってしまうのです。体内に結晶ができると、通常なら異物ではない尿酸が白血球に攻撃されてしまうのです。それが主に身体の末端で起こるため、足先に激痛が走ったりします。

尿酸値を下げるためには体内の水分補給も心がけるようにしましょう。しかしなにより尿酸の結晶化の原因となっているプリン体の摂取を控えた食事をすることが先決です。このとき、栄養不足には十分に気をつけることが大切です。プリン体はほぼすべての食事に含まれるため、神経質になってプリン体を排除しようとすれば栄養が十分に取れなくなってしまいます。肉は避けたいものですが、ある研究結果によると肉は一日に120g前後なら問題ないとしているところもあるので、適正量を食べましょう。痛風は十分に自分で管理できるものですが、暴飲暴食に慣れてしまった人はスイッチが入るとプリン体が多い食事をしてしまいがちになってしまいます。体重コントロールをするためにも定期的に痛風に気をつけた宅配食を頼んでみてもいいでしょう。